海外旅行保険の必要性

海外旅行に出かけるとき、信販系のカードに付帯している海外旅行保険だけでは不安だと、しきりに加入を勧められた海外旅行保険がありました。その海外旅行保険の内容は、まず旅行先で予期せぬ病気や怪我をしてしまったときにかかる、莫大な治療費などを手厚く保障してくれるというものでした。

日本のように国民が皆何かしらの保険に加入していて、医療費の負担も3割だけで済む上に、保険治療の自己負担分が高額になってしまった場合には高額医療費にかかわってくるので、万が一のために備えて海外旅行の際には保険に加入しましょう。

高額療養費として負担軽減される制度があるわけではないので、現地の医療機関で治療を受けるとなると、とても高額な治療費がかかってしまうことが普通にあるのだそうです。そして運悪く重症で現地の病院に入院しなくてはならないような場合にも、入院先の病院まで、日本の家族がやってくる為の渡航費用も海外旅行保険で保障してくれるとのことでした。また、何かの原因で図らずも人に怪我を負わせてしまった場合にも、手厚い保障がついているとのことです。

そして海外で最も心配されるすりなどの被害にあったときや、他人に物を壊された、あるいは他人のものを壊してしまった場合の保障もあるそうです。海外旅行に出かけて、日本とは違う文化や風習のところへあえて行くわけですから、多少のトラブルはつき物と考え、でもそのリスクを最小限にとどめるために、やはり海外旅行保険に加入しておくのは必要なことなのかもしれません。面倒でついカード会社の保険でいいだろうと思っていましたが、少しだけ考え直そうと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 海外旅行保険の必要性
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]